7th.Heaven *あとがき*

2018.10.09 (Tue)
まずはまずは。

拙いお話に最後までお付き合い下さり、また応援して下さり本当にありがとうございました!

こちらへ戻ってくるきっかけになったのは、この内容のお話がどうしても書きたかったからです。
特に話数については考えていなかったのですが、ただあまりダラダラ長くは書きたくないと思っていて。
でも、蓋を開けてみればまぁまぁな長さになっていました←

みなさま、率直に7th.Heavenいかがでしたでしょうか?

特にドラマティックでもなく、特に絡むシーンがある訳でもなく。
淡々とお話が進んでいて、退屈に思われたかも知れません(。´・(ェ)・)
私だけかも知れないんですが、リアルを書いてるとあまり本人像(私が思う)を逸脱しては書けないんですよね。
無理をさせられないと言うか…
でも、そんな限られた中で書きたいことを表現するのはなかなか私の拙さでは難しくて。
書き終わっても、言いたいことが伝わったのかなぁって言う不安はありますが…私的には満足しています、ごめんなさいw

これを書こうと思ったきっかけって言うのが、ユノは「自分に責任が取れるようにならないと公表はしない」と言っていたので。
じゃあ、公表するってなったらどんな行動に出るんだろう?って言うシンプルな疑問からでした。
そこからは、まぁ私のかなり偏見による「こうだったらいいなぁ」が含まれて…こんな結果になってしまったと言う訳です(〃▽〃)

言ってたことを覆すのもあり、他の人に迷惑かけるのもあり、そういう人間っぽいことを曝け出すのが「恋する」って事なんじゃないの~って。
とーーーーーーぉおおおい昔の記憶を呼び起こしながら書いてみました(笑)

この2人はこれで終わりじゃなく、これからが始まりなので。
シリーズとして続いて行くと思います。
ただねぇ…ちょっと迷っていて…
幸せな感じもいいけど、ちょっとだけダークな感じもいいのかなぁとか(まぁ、書ける範囲でですが)。
お話の下でちょこっと書いたんですが、だいたいいっつもチャンミンがユノを想うパターンが多いので私のお話。
ユノにチャンミンを想わせてみようかなぁと(いや、想ってるけどな)。
それに関しては、こういうユノを書いてみたいなってのは漠然とですがあるんです…
ああ、迷う←

お気づきかと思いますが、私ほぼほぼストックを持てません。
何だろう、すんごい一話書くのに時間かかるんです(これでも)←
なので時々ぷっつり更新がないなと思ったら、あぁストックゼロ祭りやねって思ってやって下さい(=∀=)
昔のお話もアップするにあたっては見直して手直し入れたりしてるので、ちょいちょい時間取られちゃって。
アップの時間も定まってないし、本当に自由な更新ですみません。
毎日同じ時間にアップ出来る方、マジ凄いな!

7th.を書き終えてやり切った感でいっぱいですが、また書きたくなるんだろうな(笑)

拍手、拍手からのコメントも本当に励みになりました。
ありがとうございます。
私がライブ行けるってなった時にはコメントで一緒に喜んで下さる読者さまもいて下さって。
あぁ有難いなぁ~と本当に思いました。

こんな私とうちのホミンちゃんですが、またこれからもよろしくお願い致します♡


ランキングに参加してます!↓
「おつかれさま~」のポチッをお願いします♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2018.10.09 22:09 | 編集
如〇さま

こんにちは!
いつも嬉しいコメントありがとうございます(^▽^)/

7th.の感想、嬉しいです。
良かった~~そう言って頂けて。
自己満足のお話になると読者様にとってはイマイチになる気もしてるので…
でも、そんな声を覚悟しながら最後まで突っ走らせて貰いました。

韓国のファンとトンの関係…
どうなんでしょうねぇ。
でも、ビギとの距離よりは近いなと感じてます。
物理的にも精神的にも。
やっぱり自国のファンって特別な思いがあると思うし、2人もそう思っているようなので。
ファンダムに関してもよくは知らないけど…
でも、ユノとか特に昔からのマスターさん見つけるとカメラ目線にしてくれたりと、
やっぱり思い入れがあって特別なんじゃないかなって思ったので。
ちなみにマスターさんが韓国人とは限らないんですよね(;'∀')
応援してるアーティストが交際を公にした途端に大きなファンダムが閉鎖されたりして。
そのリアルさがある意味怖いし、それをユノは十分承知してるんじゃないかって(勝手に)。
そんな思いも入ったお話でした☆

おぉ、やっぱり…
実は他の読者さまからもユノ→チャミのお話を読みたいとコメント頂きました(^▽^)/
私、おかしいんですよねぇ。
チャミペンなのにチャンミンになってユノを見てる方が多いって言う…w
なので、私もちょっと変わった2人を書いてみたいと思いましたし要望も頂きましたので。
その方向で次のお話を進めたいと考えています。

コメント嬉しいですよぉ♡
PCを開く時間がなくて、お返事書く時はまとまってになりがちで申し訳ないのですが…
ウザイなんて思う書き手はいないと思います。
私の場合、それを特別お願いすることはしませんが頂くと実はとっても喜んでいます♡

これからも、のぉんびり更新になるかと思いますが…
うちのホミンちゃんをよろしくお願いいたします♡
ツキカ | 2018.10.10 09:27 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2018.10.17 09:03 | 編集
mm〇〇〇〇koさま

初めまして!
こんな僻地ブログへお越し頂きありがとうございます。
そして、温かいコメントまで…。

1番言われて嬉しい言葉を頂きました。
「こういうお話を読みたかった」って…
自分の脳内を拙い文字にしてるだけなのに、そう言って頂ける事がどんなに嬉しい事か(ノД`)・゜・。
リアルしかなく、特段絡みもなく、ドラマティックでもありませんが…
こんなうちの2人を可愛がって頂けると嬉しいです。

コメントありがとうございました♡
お仕事頑張って下さい!


ツキカ | 2018.10.17 10:32 | 編集
ツキカさま、はじめまして。
お話し一気に読ませていただきました。
もぉ・・・せつなかったです( ;∀;)
ユノとチャンミンの葛藤が痛くて心に響きました。
チャンミンが電話で、帰ってこなければユノと別れると言ったとこ、涙が出ました。ほんと胸が痛かった・・。
すごくチャンミン頑張りましたよね。
ユノが最初に計画を打ち明けてればとも思いましたが、信じてるからこそ
何も言わず突き進んだんでしょうね。
一瞬、リナも絡んでさらに複雑になっちゃうの?と心配しましたが、いや~リナかっこよかったです!
わかりあえての二人のラブラブなエチ♡シーンもよかったし、なによりスタッフからの心からのお祝いも嬉しくて
嬉し泣きしました!日韓のマネも最高!
すごく素敵なお話し読ませていただいてありがとうございました!
これからも楽しみにしていますね!
ao | 2018.11.07 20:14 | 編集
aoさま
初めまして!
僻地ブログへようこそ!(笑)

7th.気に入って頂けましたか?
だとしたら、嬉しいです!!
特にドラマティックでもなく、淡々と進んでくような話でしたが…
2人が色々葛藤しながら、進んだり戻ったり。
周りの手助けもありながら、大切なことに気付いて。
最終的には2人で前に進む…
こんな2人が私の思い描くものでした。
ユノのある意味暴走に(笑)振り回されるチャンミンでしたが、最終的には1番の理解者なんだと思います。
イチャイチャもね〜、本当にぬるくてδ(´д`; )
不完全かも知れませんが、最後まで書けてほっとしてます。
最後まで読んで下さり、ありがとうございます♡♡
これからも、うちのホミンちゃんをよろしくお願いします‪⸜( •⌄• )⸝‬
ツキカ | 2018.11.08 17:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top