7th.Heaven .1

2018.08.10 (Fri)
貴方は分かってない。

僕は離れずにいられるなら、このままでいいと本気で思ってます───



*CM



「何でだよ!」
「だから、何回も言ってるでしょ。」

ああ、また同じ事で険悪になる。
もう何回目だろう…
そうなりたくないのに。

「事務所は知ってるんだ。
俺にも覚悟がある、だから公表して堂々と付き合いたいよお前と、…チャンミン。」

少しだけ悲し気に見えるけど、でも絶対揺るがない強さがユノの瞳の奥にはある。
いつもその覚悟はユノの中にあったようだけど、こうして口にするようになったのは実際除隊してからだ。
韓国男子としての職務を普通以上に全うしてしまう結果になった、ユノとしてはそれも背中を押すきっかけになったのかも知れない。
確かに、障害はなくなったように思える。
でも、現実はそんな簡単じゃない───

正直、ユノからの言葉は凄く嬉しい。
実際、想像してみなかった訳じゃない。
人前でいつも通りに振る舞う、自分たちを。
いつも通り、それはいわゆる「兄と弟」としてのそれじゃなく。
普通の恋人同士が纏うような、甘い空気の事だ。

ユノからそう言われる度に「NO」と返事をすることは、今までと変わりがないままでいるという意味。
別に悪い事をしてる訳じゃないのに、ただ一人の人を好きになっただけなのに。
隠してる事はそんな自分の気持ちを偽っているようで。

苦しかったから───

だから、そうユノから言われる度に「これでいいんだ」って思えて嬉しかった。

でも。
思うままに行動したら、
そうしたらどうなるんだろう。

そしてそう思う度に、
自分でも嫌になるくらい冷静な自分が必ず問いかけて来る。

オープンにしてしまえば、自分達2人は楽になったような気になるかも知れない。
応援してくれるファンがいても、それは明らかに少数派に違いなくて。
多少理解のある時代になったとは言え、こんな関係がまだまだ普通ではいられない世の中だ。

そしてそんな自分達の身勝手とも言える我儘は、ユノが大切にして来たファンを悲しませる結果になってしまう。
デビュー以来ずっと追いかけて来てくれている長年のファンを裏切る形になって、命みたいな存在のグループの存続さえ危うく晒してしまうに違いない。
それで苦しむユノの姿が否応なしに想像出来た。

そして何よりユノの事を、どこかの芸能人のように恋愛にのぼせる馬鹿呼ばわりされたくない。

だから。

嬉しくて堪らなくても素直にユノからの提案を受け入れることは出来ない。

もしも、自分の気持ちのままに応じてしまったら…
結果ユノの傍にいられなくなりそうで。

それが何より怖いから───

「俺は堂々としたい。」
「…僕も、そうしたいです。」
「だったら!」
「でも、…駄目です。ファンが悲しみます。」
「…じゃあ、お前は?お前は悲しんでもいいってのか?それを俺に我慢しろって?」
「僕は平気ですよ?本当に。…いつもユノが傍にいてくれるから、大丈夫です…」
「チャンミン。」

こんなやり取りをする度に。
この恋は不毛なのかな、と現実を突きつけられて傷だらけになる。

性別なんて関係ない。
男だの女だの、それさえ超えて。
僕はただ「チョン・ユンホ」を好きになっただけなのに。
日の目を見れない想いで、祝福もされないかも知れない。
理解してくれるのは、事務所と本当に仲の良い一部の友人だけ。

でも、それでも。どんなに傷ついても。
やっぱり僕はユノがいい。
この人の傍を離れる事は考えられないから。

だから耐えられる───

「…俺は。1番大切な人がお前だって、ファンにも知って貰いたい。」
「ユノの気持ちは嬉しいです、本当に…凄く。
…でも、きっとまだそれを言う時期じゃないと思います。正直いつ言えるのかも、分からない。…ずっと言えないかもしれない。でも、だから。僕はこんなやり取りじゃなくて、楽しく時間を重ねて行きたいんです。」
「チャンミナ…」
「こんな格好良い人を実は僕が独り占めしてるんですよ?…それって凄いことだし、それだけで十分です。」

それ以上ユノは何も言わなかった。
いつの間にか繋いだ指先を強く握ったまま。

真っ直ぐな人だから、世間に嘘をつく事はかなりのストレスだと思う。

相手が僕じゃなければ───

幸せな家族を持って、素晴らしい遺伝子を後世に残せる。

相手が僕じゃなければ───

そう何度も問うてみても。

でも、やっぱり、どうやっても僕には離れる事は出来ないから。

だから、このままでいい───








↓久しぶりのランキング参加で、ちょっとテンション上がってます。
 「お久しぶりね」のポチッをお願いします♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


Category: 7th.Heaven | Comment(0)

7th.Heaven .2

2018.08.11 (Sat)


*YH


チャンミンが「うん」と言わない理由は、分かりすぎるほど分かっている。
自分が犠牲になることなど何とも思わない強い人だから。
間違いなく、自分ではなく誰かを思ってのことで。
つまりそれは、紛れもなく俺の為だと言うことも。

その気持ちは素直に嬉しい。
だけど、俺の覚悟を見くびって欲しくない。

お前とずっと歩いてくって、決めたから───

俺の心の中には1つの考えがあった。

果たしてそれがいいのか、悪いのか。
果たしてそれが2人が一緒にいるために、本当に必要なことなのか。
実際、自分としては珍しく迷っている。
行動に移すことでまたチャンミンを傷つけてしまうんじゃないかーーー

その思いが思い切らせてくれない。


---


普段なら、大体のことは誰に頼るでもなく1人で消化する。
今回は、自分らしくなくなかなか思い切れずにいるこの思いを聞いて欲しくて。
異性だけど同性同士の感覚で繋がっている友人のボアを呼び出した。
彼女も多忙を極めてるにも関わらず、嫌な顔せずにOKしてくれた。
店に入った時に一瞬周りがざわりとしたが、プライベートだと分かってくれるのか声をかけてくるファンもいなくて有り難い。
見かけによらず男らしいボアが食べたいと言ったサムギョプサルの美味しい店で、まずはビールで乾杯する。
俺の場合飲むとすぐ真っ赤になってチャンミンに怒られるから、最初の形だけ。

「んで、どしたの?」
「あ?」
「何か話あるから、呼び出したんでしょ。」

ボアは、頭が切れる上に察しがいい。
だから今日も、こんな彼女だから聞いて欲しくなったのかも知れない。

決めるのは自分。

相談して意見を聞くことは、実際気休めにしかならないことくらい分かっている。
でも、今回のことは″良い″″悪い″と決めて欲しいのではなく。
ただ「大丈夫」だと背中を少し押して欲しかった。

「なるほどね。…意思は固いのよね?」
「…チャンミンと別れる気はない。ただ、俺が実行することによってアイツがまた傷つくんじゃないかって、」
「あのさ、ユノ。チャンミンを弟みたいだってまだ思ってるの?」
「あ?んな訳ねぇよ。」

チャンミンは年下だけど、今や全てに置いて俺より強くなってると言ってもいい。
見かけにしてもストイックに鍛えているし、メンタル面でも俺の方が支えて貰ってるくらい。

「じゃあ、そういう心配いらなくない?
ユノがそう心配される立場だったら、どう?何か、自分だけ情けなくない?」
「あー…」
「これから一緒に生きる気持ちがあるなら。どっちかを守るってより、お互い傷ついてでも一緒に戦わなきゃ。あの頃とはもう違うんだからね。」

あの頃───

仲の良かったはずのメンバーが、マグカップだけを残して何も言わずいなくなった。
5人が3人と2人に分かれたあの朝。

マンネのチャンミンの憔悴ぶりは、それは酷くて。
自分も例外じゃなく、生きるか死ぬか───
それくらいの状態だったと思う。
訳が分からなかった。
いや、その前兆みたいなのはあったが俺とチャンミンは取り合わなかった。
彼らの言うことは分からなくもない。
でも、育ててくれた親みたいな人を裏切ることはどうしても自分には出来なかったから。
チャンミンも短いとも言えるような時間の中で、結果俺の手を掴むことを望んでくれた。

そうすることが良かったのか分からない。
今でも、自問自答することがある。
自分のエゴだったんじゃないか、チャンミンの人生を実はダメにしてしまったんじゃないか。
そんな思いはいつだって自分の心の奥にある───

だから、必死に俺はチャンミンを守って来た。
罪を償うかのように、がむしゃらにひたすらに。

「そういうの、もうチャンミンには必要ないよね?そんな関係のままなら、チャンミンはユノの気持ちに応えなかったと思うし。」
「ああ。」
「だから!つまり!思うようにやれ、ってことよ!ユノヤらしく。」

ストンと落ちた───

あの頃の俺たちとは違う。
自分が前に出て誰かを守る、そんなやり方じゃなく。
堂々と2人で前に出て痛みをも共有する。

そんな関係───

「ボア、ありがとな。」
「何が?」
「聞いて貰ったのがお前で良かったよ。」
「うわー、ユノヤからそんな風に言われたら何か怖い!」
「あ?マジで思ってんだぞ。」
「…分かってるよ。でも、状況は厳しいんだから。…上手く行くこと、祈ってるよ。」
「ああ。俺は絶対に諦めねぇから。」
「よし!どんな風になっても、アンタを信じてるから自信持って。」

この存在が凄く有難かった。

小さい身体から出て来る言葉はいつだって真っ直ぐに俺に届く。
彼女が迷う時、今度は俺が傍にいるから。

信じた道を真っ直ぐ進む。
あの時みたいに───








ランキングに参加しました!↓
「おひさしぶりね」のポチッをお願いします♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




Category: 7th.Heaven | Comment(0)

7th.Heaven .3

2018.08.12 (Sun)


*CM


自分には出来ることはないんだろうか。
ただ「NO」と言うばかりじゃなく、何か小さい事でも自分に出来ることは。

ユノは事あるごとに公にしようと言ってくる。
その気持ちは変わらず嬉しいし、「ダメです」とばかりしか言えない自分が実際嫌になって来た。
言わないことが、公にしないことが、2人が一緒にいる為の唯一の術なんだろうか。
こんなに卑屈にも似た気持ちを抱えたままでいるような、この状況が。

でも、いくら自分に聞いてみても返ってくる言葉は変わらない。
ユノの気持ちに応えたい、そうすることは実は自分の為でもあるんだと証明したいのに。
無力だと思い知らされるばかりだ。

そんなやり取りにお互い疲れてるのか、最近の2人はどこかぎくしゃくしてる───

---


除隊してからのスケジュールは目まぐるしくて。
なかなかゆっくりと2人で過ごすことが難しかった。
ツアーで日本にいる時は一緒の宿舎でそれなりに時間を共有出来たけど、
いつも仕事の延長上にいるようで本気で息を抜きづらかった。
そんな中、今日はたまたま同じ時間を空ける事が出来て韓国にある共有で過ごせる部屋にいた。

最近テレビで放送された、お互いの日常。
あれに間違いはないけれど、映し出されてないものがある。
それぞれ一人で暮らしていて、その生活ぶりを映すってものだったけれど。
実際は、もう一つ僕とユノが過ごす共有のうちがある。
そこで過ごす2人がよりリアルだ。

久しぶりに手料理を振る舞い、美味しいと褒めてくれるユノに気分を良くして。
一緒に並んで片付けを済ませ、温かい飲み物を淹れてユノの前に差し出した時だった。

「あのさ、チャンミン。」
「はい?」

甘くしたカフェオレを口にしながら、ユノがゆっくりと口を開く。

「ちょっと、これから忙しくなりそうでさ。」
「ん?またユノ一人の仕事が増えたんですか?」
「や、まぁ、そうっちゃそうなんだけど。」
「…はい。」
「でな。しばらくこうやって会えなくなるかも知れない。」
「は?」

実際、長い時間会えないこともあった…それはもちろん仕事のすれ違いで。
でも、そんな時でもそれは結果論であって最初からこうやって「会えない」と言われたことは初めてだ。
そういう意味で予想もしてなくて、すぐには返事が出来ない。

「もちろん、2人で仕事の時は会うんだけどね。」
「当たり前です。」
「でも、ちょっとプライベートってかそういう時間がなくなるかも知れない。」
「…それは、僕と過ごす、って言う意味ですか?」

理由は何だろう。
頭の中で色々と時間を巻き戻す。
思い当たると言えば、最近それがきっかけで仲が悪くなってしまう理由しか───

「うん、ぶっちゃけ、そう。」
「…理由は?聞いてもいいんですよね?」
「いや、聞かないで欲しい。」
「え。」
「でも、信じて待ってて欲しいって言うか。」

こんな言い回しは、何でも物事をはっきり言うユノにしては珍しいと思った。
そんなユノを目の当たりにして自分が急激に冷えてくのが分かる。

「よく、…分からないんですけど。」
「うん、そうだよな。そうなんだけど、でも。何も言わないで待ってて欲しいんだって。」

つい最近も2人の関係を公にしようと言っていた人が。
その相手の僕には会えなくなるって言う───
どういうことかと考えなくても分かってしまう、その理由。

「嫌に、なったんですか?」

必死なユノに対して「NO」としか言えないから。

「は?何?そもそも嫌ってなんだよ。」
「ユノは。本当はファンにもこの関係を言いたいのに。
僕が、いつも”嫌だ”って言うから、だから───」
「お前の気持ちは分かってるつもりだけど?
んで、お前が”嫌だ”って言ったら俺は一体なにが嫌になるって言うんだよ?」

ユノの声のトーンが下がった。
つまりは、静かに怒っているという証拠だ。
まだ声を荒げる時の方がマシで、こういうユノはそれ以上に怒ってる───

でも、それが分かっていても止まらなかった。

言わなくちゃ、本当に離れて行くような気がして。
最近の微妙な距離感にも、最悪の結果になりそうで知らないふりをしてた。
ユノと一緒にいる事はある意味、脆くて儚くて、いつだって夢みたいだってそう思ってるから。

でも、どうしても。
ファンにこの関係をオープンにすることには賛成出来ない。
結果、傷つくのはユノ本人だ───

「最近のやり取りが嫌になったんでしょ?面倒くさいんでしょ?」
「はぁ?」
「いつも”NO”しか言えない固い僕に嫌気が───」
「お前、それ以上言うとマジ切れるよ?」

ユノが髪をかき乱して立ち上がった。
つられて僕も立ち上がる。

「あのさ、チャンミン。」
「…はい。」
「俺らいい大人だよな?んで、これから大きな壁乗り越えようとしてんだよな?
そう思ってるのは俺だけなのか?俺の独りよがり?」
「っ、違います!僕だって、ちゃんと考えて…っ、」
「だろ?じゃあ、そんなどうでもいいこと言ってんじゃねぇよ。」

どうでもいいこと

好きな相手が自分を好きじゃなくなるかもしれない。
理由はなんであれ、それを不安がることは。

それはどうでもいいこと?
ユノにとってはそれはどうでもいいこと?

でも、口にしちゃいけない。

「どうでもいいって、どういう事ですか?
こんなこと気にするのが馬鹿みたいだってこと?」
「あ?や、そういう意味じゃなくて、」
「ユノは、」
「あぁ?」
「…僕のこと、分かってない。」
「チャンミナ?」
「歳が行けば、付き合いが長くなれば些細なことが気にならなくなるって?不安は全くなくなるって?そんな訳ない。僕は、昔も今も、」

言っちゃいけない。

″ユノといるといつだって不安です″

「…チャンミン?」

小さいことで足元掬われそうになる。

貴方を想い続けることは、

───そういうこと。









ランキングに参加しました!↓
「おひさしぶりね」のポチッをお願いします♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

Category: 7th.Heaven | Comment(0)

7th.Heaven .4

2018.08.14 (Tue)


*YH


チャンミンからの言葉は重くのしかかった。

いつだって不安にさせてたのか?
そうさせないように必死に突っ走って来たのに。

自分を全て否定されたみたいで。
強くなったつもりでいても、他でもないチャンミンからの言葉は簡単に俺に傷を付ける。

ただ、その傷を癒すのもチャンミンでしかない───

俺は俺らしくやる。

もう迷いはなかった。
チャンミンを結果傷つけてしまうかも知れない。
結果それらは自分に返って来て酷く俺が辛くなってしまうけれど、それでも進むしかない。


---


「マネヒョン。」
「あ?どうした、ユノ。」
「実は相談があるんだけど。」
「何だ?」

話を聞き終わったマネヒョンは複雑な表情を浮かべている。

これも予想しなかった訳じゃなかった。
最初から大手を振って「賛成」だって言われることはないんだろうと思っていたし、
こういう当たり前のリアクションを取る人たちに、一人一人分かって貰う事が。
俺たちの未来へ繋がっていると信じているから。

「ふぅ…本当にやるのか?」
「やる。」
「まぁ、言い出したら聞かないからなお前は。」
「褒め言葉?」
「どうとでも受け取ってくれ。てか、そのことはチャンミンは?」
「言ってない。」
「…一人でお前が背負う必要ないんじゃないのか?」
「いや、これは俺一人でいいんだ。」
「はぁ…本当にな、何でお前たちは楽な道を進めないんだろうな。」

あの時も、今も、これからも───

確かに平坦ではなかった道のり。

普通では経験することもなかったような出来事を乗り越えて今がある。
でも、それも自分たちを作り上げて来た一部だ。
今は過去のようにただ弱り、泣くだけの自分たちじゃない。

「俺たちに限らず、みんな色々辛いこと経験しながら生きてるって。
俺やチャンミンだけが特別なんかじゃないし、乗り越えられないことなんてない。」
「そうか。…お前の腹がそこまで座ってるんなら、俺らは手伝うしかないよな。」
「ヒョン。…いつもありがとう。」
「お前もチャンミンも俺らにとっては可愛い弟だからな。どんな形でも、…幸せになって欲しい。」

マネヒョンの言葉に鼻の奥が熱くなった。
自分にもこうすることがいいのかは、分からない。
でも、何もしないよりは絶対いいはずだ。

それ以上何も言わない俺に何かを感じ取ったのか、マネヒョンがおもむろにどこかへ電話をかけた。

「もしもし?どうも。実は───」

今、チャンミンは何をしてるんだろうか。
今日は同じ事務所のメンバーと会うとか言ってたっけな。
仲のいいヤツらと会って少しでも気が紛れてくれたらいい。

チャンミンが笑って傍にいる───

それが今だに信じられないくらい、当たり前じゃないってことを噛みしめる。








今回は短くてすみません(-∀-)




ランキングに参加しました!↓
「おひさしぶりね」のポチッをお願いします♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



Category: 7th.Heaven | Comment(0)

7th.Heaven .5

2018.08.15 (Wed)


*CM


あの時の言葉通り、ユノとプライベートで過ごす時間は減った。
それ以外は、以前のまま。

ただ1つ、誰か分からない相手からかかってくる電話が頻繁だと言うこと以外───

秋から始まる日本ツアーの件で今日は事務所で会う予定になっていた。
誰もいない、いわゆる青空スタジオで大きな鏡の前に立つと昔を思い出して胸が少しだけ痛い。
見えない未来に不安になりながら、必死にダンスに励んだことを思い出すから。

「お前、ちゃんと食べてんのか?」

鏡の自分達に向き合う形のまま言われた、ユノの言葉にドキッとする。
何かあるとすぐ食欲に左右するのは昔から変わってない。
でも、それを悟られたくなくて平然と答えた。

「僕から食欲取ったら何も残りませんよ。」
「んなことはないだろうけど…」
「料理は趣味みたいなもんだし、″食べる″って言う実績を兼ねてるから一石二鳥です。」
「ははっ、何か相変わらずお前っぽい。」
「…あ、それ笑うとこじゃないですから。」
「ああ、わりわり。つい、可愛くてな。」
「ちょっと!男に可愛いとか、」
「ああん?いいじゃん、俺らしかいねーんだし。」

あ、何かいい感じ。

何となく噛み合わなかったのに、いつもと同じ感覚にホッとした───

と、思った矢先に。

「あ、電話。ちょっとごめんな。」

そう言いながら足早に部屋を出ていく。

まただ───

こういうのが最近多い。

ユノに友人が多いのは十分承知していて。
それにどうこう言うつもりもない。
自分の知らない相手との電話に嫉妬してたのは、遠い昔───

でも、不安になるのは仕方ない。

理由は聞かずに信じて待ってて欲しい

ユノから言われた言葉はちゃんと自分に届いているし、そう言われるなら自分の意思としてそうするつもりだ。

ただ、この言葉に出来ない気持ちは何だろう。
胸がざわりと揺れる感じ。

昔感じたような───

その得体の知れない揺れに引き寄せられるように、無意識にドアへ足が向く。

歩き慣れた廊下に出ると、何も言ってないのにスタッフがユノの行先を指さしてくれた。
有難いような、そうでないような、変な気分で「ありがとう」と合図してユノの後を追う。

何がこんなに自分を落ち着かなくさせてるんだろう。

今の自分達は兵役も終えて、会えない時間に不安になったりすることなどない。
ただ2人一緒に歩いてく、それだけを考えればいいはず───

エレベーターホールにユノは向こうを向いて立っていた。
時折横顔が見えて、それは笑っているようにも見える。

キリッと痛む胸。
思わずシャツを握りしめた。

僕には何も言わせずただ待ってろと言うくせに。

貴方は笑っている───

嫉妬はしないなんて偽りだったと痛感する。
こんなにも胸が痛い。
自分が知らないことで自分が知らない誰かと話す貴方を見てることが。

こんなに痛いなんて───

ただの仲いい友達かも知れない。
沢山いる仲間の1人と話してるだけなのかも知れない。



でも、そうじゃないと何となく分かる。





そしてそれは、現実になった。












ユノに熱愛報道が出た────











ランキングに参加しました!↓
「ね、熱愛報道?」のポチッをお願いします♡

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村



Category: 7th.Heaven | Comment(0)
back-to-top